一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

イベント・セミナー

JBAのセミナー動画配信サービス

JBAのセミナー・講演会に関心はあるがなかなか行けない、都合が合わずに参加できなかった、という声にお応えし、会員向け(特別会員・協賛会員・一般会員・ベンチャー会員・公共会員および)に動画配信サービスを行ってまいりました。2018年4月より、個人会員の皆様にも配信を開始しております。
現在視聴可能なプログラムは以下の通りです。
 ※ご視聴の際は、MyPageにログインしてください。
  (ログインしていただくと、公開中の動画一覧が表示され、直接動画をご覧いただくことができます。)

MyPageご登録済みの方:ログインして視聴してください。

ログインはこちらから

MyPage未登録の方:MyPageへのご登録をお願いします。

MyPage機能についてはこちら

MyPageについてのお問い合わせはこちら

【ご注意】
配信方式が変わりました。PCのほか、スマホ、タブレットでも視聴が可能となります。
(動画サイズ:640×360ピクセル(固定))

動画配信視聴リスト

*視聴可能期間:2019年10月末日まで

*それぞれのセミナー報告はセミナー・イベント一覧ページの報告よりご覧下さい。

2019年8月22日
未来へのバイオ技術勉強会「ゲノム編集技術による植物育種と食品開発のゆくえ」

  • 「ゲノム編集食品の安全性と規制について」
    中島 春紫 氏(明治大学農学部農芸化学科 教授、薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会 新開発食品調査部会 委員)
  • Biotech Crops Continue to Help Meet Challenges of Increased Population and Climate Change
    ~遺伝子組換え作物が人口増加と気候変動に関する課題解決に向けて立ち向かい続けている~
    Rhodora R. Aldemita, Ph.D.(Director, ISAAA SEAsia Center)

2019年7月30日開催
未来へのバイオ技術勉強会「深淵なる地球生命圏を紐解く~22世紀のエネルギー革命を目指して」

  • 「はじめに」
    千葉 洋子 氏((国研)理化学研究所 環境資源科学研究センター)
  • 「第3の生態系である"電気合成生態系"の可能性とエネルギー社会の変革」
    中村 龍平 氏(東京工業大学 地球生命研究所 教授)

2019年7月23日開催
未来へのバイオ技術勉強会「機知機略のドラッグデザインin京都大学~独自AI・機械学習、独自標的探索から新規可視化技術まで~」

  • 「主流となってきた「ビッグデータAI」の必要性を覆す新人工知能基盤の確立」
    J. B. Brown 氏(京都大学大学院医学研究科 分子バイオサイエンス研究室 生命情報科学研究ユニット、医学教育・国際化推進センター ユニットリーダー 講師)
  • 「京都大学の卓越した知の創造活動:学術研究支援室の役割と産学連携」
    中平 博之 氏(京都大学 学術研究支援室 シニアリサーチ・アドミニストレーター)

2019年7月9日開催
未来へのバイオ技術勉強会「ゆとりを創り、品質と知的生産性を劇的に向上する全体最適のマネジメントTOC 月曜日が楽しみな会社にしよう!」

  • 「ゆとりを創り、品質と知的生産性を劇的に向上する 全体最適マネジメントTOC」
    岸良 裕司 氏(ゴールドラット・ジャパン CEO)

2019年7月3日開催
未来へのバイオ技術勉強会「東京五輪への課題シリーズ4:SDGsと感染症サーベイランス」

  • 「POCTとしての核酸クロマト遺伝子検査 ~五輪の脅威・ジカ熱、デング熱などを対象として」
    川瀬 三雄 氏(東北大学医工学研究科教授、(株)TBA(Tohoku Bio Array) 取締役)

2019年6月21日開催
機能性食品研究会講演会第1回研究会「Water Biology 生命にとって大切な水」

  • 「はじめに」
    近藤 平人((一財)バイオインダストリー協会)
  • 「水分子の生命科学:我々はなぜ水を必要としているか?」
    安井 正人 氏(慶應義塾大学 医学部 薬理学教室 教授)
  • 「生体膜における水分子の輸送現象をコンピューターシミュレーションによって可視化する」
    山本 詠士 氏(慶應義塾大学 理工学部 講師)

2019年6月20日開催
未来へのバイオ技術勉強会「牛馬のゲノム科学・遺伝学研究」

  • 「ウマのゲノム科学研究と公正競馬 ~より速く、より健康に、そして公正に」
    戸崎 晃明 氏((公財)競走馬理化学研究所 遺伝子分析部)
  • 「黒毛和牛のゲノミック評価技術 ~ゲノム解析が拓く 新しい家畜改良~」
    渡邊 敏夫 氏((一社)家畜改良事業団 遺伝検査部 上席専門役)

2019年6月19日開催
バイオエンジニアリング研究会講演会「バイオ医薬品の連続生産の現状と課題」

  • 「開会あいさつ」
    藤井 智幸 氏(東北大学大学院 教授、バイオエンジニアリング研究会 会長)
  • 「連続生産に関する業界活動の紹介:BiophorumのTechnology Roadmapping活動について」
    上田 康史 氏(中外製薬(株) 製薬本部製薬研究部 生物技術統括マネジャー)
  • 「MAMを用いたLC-MSによるPQA(製品の品質特性)の包括的な検出とモニタリング」
    花田 篤志 氏((株)エービー・サイエックス 事業推進戦略本部 アドバンストワークフロースペシャリスト)
  • 「閉会挨拶」
    養王田 正文 氏(東京農工大学大学院 教授、バイオエンジニアリング研究会 副会長)

2019年5月29日開催
"未来へのバイオ技術"勉強会「未来の食のアドベンチャー ~培養肉、昆虫食、熟成肉」

  • オープニングトーク「令和に拓くか、新しい食」
    久保 康弘 氏(徳島大学 研究支援・産官学連携センター研究推進部門 特任准教授、技術士(生物工学部門))
  • 「汎用大規模細胞培養システム、"CulNet System"の開発と純肉(クリーンミート)の実用化」
    川島 一公 氏(インテグリカルチャー(株) CTO)
  • 「昆虫が世界を救う?!~食用コオロギの機能性検証と生産システムの社会実装」
    三戸 太郎 氏(徳島大学 生物資源産業学部 准教授)
  • 「食の新たなブランディング~"発酵熟成肉"とエイジングシートの開発」
    村上 周一郎 氏(明治大学 農学部 専任教授)

2019年2月19日開催
未来へのバイオ技術 勉強会「口腔ケア革命」

  • 「細胞間コミュニケーションと口腔細菌バイオフィルム」
    阿座上 弘行 氏(山口大学 農学部 生物機能科学科 食品化学研究室)
  • 「唾液メタボロミクスによる歯周組織と全身の健康測定法の開発」
    久保庭 雅恵 氏(大阪大学大学院 歯学研究科予防歯科学分野 准教授)
  • 「人工知能で唾液から口臭の有無を予測する」
    中野 善夫 氏(日本大学歯学部歯学科 教授)
  • 「食べるだけで虫歯や歯周病を予防するタブレット菓子とヨーグルト」
    二川 浩樹 氏(広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 口腔生物工学分野 教授)

2019年2月1日開催
バイオエンジニアリング研究会 公開講演会「バイオ×デジタル(AI・IoT)」~バイオ産業におけるデジタルトランスフォメーション~

  • 「中外製薬におけるバイオ医薬品製造のデジタル化の取り組み」
    上田 康史 氏(中外製薬(株) 製薬本部 製薬研究部)
  • 「細胞培養解析装置CultureScannerTM ×ディープラーニングによるiPS細胞未分化領域の認識」
    高橋 渉 氏((株)島津製作所 基盤技術研究所 AIソリューションユニット)

2019年1月22日開催
カルタヘナ法説明会 「 遺伝子組換え生物の研究開発・産業利用目的での施設内使用等に係るカルタヘナ法規制の概要と留意点及び運用改善の周知」【東京会場】

  • 「カルタヘナ法第二種産業使用(鉱工業等)の概要について」
    長崎 太祐 氏/安西 正貴 氏(経済産業省 商務情報政策局 生物化学産業課 生物多様性・生物兵器対策室)
  • 「カルタヘナ法に基づく研究開発段階における第二種使用等について」
    廣谷 龍輔 氏(文部科学省 研究振興局ライフサイエンス課 生命倫理・安全対策室 専門職)
  • 「医薬品分野での第二種使用等に関する法規制について」
    黒岩 健二 氏(厚生労働省 医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課 医療機器指導官)
  • 「第二種使用等(鉱工業等)の運用改善と申請書の記載方法について」
    小口 晃央 氏((独)製品評価技術基盤機構(NITE) バイオテクノロジーセンター(NBRC) 安全審査室 主査)

2018年12月17日開催
未来へのバイオ技術 勉強会「微生物・覚醒」

  • 「複合培養法による休眠遺伝子の効率的な覚醒をめざして」
    尾仲 宏康 氏(東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命工学専攻、微生物潜在酵素(天野エンザイム)寄付講座 特任教授)

2018年11月7日開催
未来へのバイオ技術 勉強会「バイオ素材百花繚乱13~生き物からの学びを柔軟ゲル材料に生かす」

  • 「光で粘弾性を制御可能な高分子物質:ナマコに学ぶ網目の可逆的切断・再生」
    本多 智 氏(東京大学大学院 総合文化研究科広域科学専攻 助教)

2018年11月6日開催
未来へのバイオ技術 勉強会「宇宙と健康医療研究~抗加齢を中心に」

  • 「アルツハイマー病発症メカニズムを知る鍵、「アミロイド線維」を宇宙実験でつくる」
    加藤 晃一 氏(大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 生命創成探究センター長)
  • 質疑応答
    加藤 晃一 氏(大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 生命創成探究センター長)
  • 「宇宙環境が細胞レベルに及ぼす影響を線虫で解明する!~紫外線、ミトコンドリア障害ならびに放射線応答」
    東谷 篤志 氏(東北大学大学院 生命科学研究科 教授)
  • 「世界初、宇宙空間でμg から1g を可変できる実験環境"MARS" 」
    白川 正輝 氏(宇宙航空研究開発機構(JAXA) 有人宇宙技術部門 きぼう利用センター技術領域主幹)
  • 「マウスを用いた宇宙環境応答の網羅的評価~実験環境"MARS"を用いたマウス骨格筋への重力影響評価を中心に」
    高橋 智 氏(筑波大学医学医療系 生命科学動物資源センター 教授)

2018年10月30日開催
未来へのバイオ技術 勉強会「東京五輪への課題シリーズ2:おもてなしを支える日本の食と酒」

  • 「awa酒で乾杯!!~老舗酒造が拓くグローカルビジネス~」
    永井 則吉 氏(永井酒造(株) 代表取締役 6代目蔵元)
  • 「日本食・発酵食品の革新的研究~酒粕ペプチドの新規機能性を中心に」(coming soon)
    堤 浩子 氏(月桂冠(株) 主任研究員)
  • 「日本の食と、ワインのマリアージュ」
    吉田 聡 氏(キリン(株) ワイン技術研究所 主任研究員)

2018年10月26日開催
未来へのバイオ技術 勉強会「結晶が変える未来社会」

  • 「チョコレートを美味しくする結晶物理学と体に良い食用固体脂開発技術の展望」
    上野 聡 氏(広島大学大学院 生物圏科学研究科食資源科学講座 教授)
  • 「「きぼう」日本実験棟を利用した高品質タンパク質結晶生成実験の最新成果」
    木平 清人 氏((国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA) 有人宇宙技術部門 きぼう利用センター)

2018年9月19日開催
機能性食品研究会講演会・第2回研究会「メタボローム」

  • 「マルチオミクス解析による食品の機能性研究」
    加藤 久典 氏(東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 健康栄養機能学社会連携講座 特任教授)

2018年8月17日開催
未来へのバイオ技術 勉強会「京大発:非侵襲、低侵襲で新薬開発・診断・計測に貢献する3つのツール」

  • 「iPS細胞由来心筋細胞を用いた新薬開発スクリーニングツール」
    石田 賢太郎 氏((株)マイオリッジ)

2018年7月23日開催
未来へのバイオ技術 勉強会「疲労をイノベートする。」

  • 「衣・纏・繋~食・栄養~住・空間・環境・音楽 産学連携によるエビデンスに基づいた抗疲労ソリューションの研究開発」
    堀 洋 氏((国研)理化学研究所 健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム 連携促進コーディネーター、大阪市立大学 健康科学イノベーションセンター 特別研究員、神戸大学 学術・産業イノベーション創造本部 客員教授)
  • 「脳・腸・皮膚の相互作用を利用した精神的ストレスを緩和する機能性食品素材の開発」
    高山 喜晴 氏((国研)農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門)

2018年7月2日開催
JBA/JABEXセミナー「バイオエコノミーに関する技術開発・産業・政策の国際動向」

  • 「サミットの概要、Work shop(Industrial Bioeconomy)報告」
    藤島 義之(日本バイオ産業人会議 次長補、(一財)バイオインダストリー協会 企画部 部長)
  • 「OECD、EU、ドイツなどの新たな戦略について」
    坂元 雄二(日本バイオ産業人会議 次長、(一財)バイオインダストリー協会 企画部 部長)

2018年6月14日開催
機能性食品研究会講演会・第1回研究会「「食」の研究開発の目指すところ」

  • 「東北大学を拠点とした「食」の研究開発の動き」
    宮澤 陽夫 氏(東北大学未来科学技術共同研究センター 教授、JBA機能性食品研究会会長)

2018年6月11日開催
未来へのバイオ技術 勉強会「筋肉修復に向けた先進医療の可能性」

  • 「機能性食品と運動トレーニングの併用が高齢者の神経筋機能に及ぼす影響」
    渡邊 航平 氏(中京大学 国際教養学部 国際教養学科 准教授)

2018年5月16日開催
未来へのバイオ技術 勉強会「育てる!バイオと水産業2~ウナギとマダイの明日」

  • 「ウナギの完全養殖は今どうなっているのか」
    野村 和晴 氏((国研)水産研究・教育気候 増養殖研究所 ウナギ種苗量産研究センター 量産基盤グループ 主任研究員)
  • 「ゲノム編集で限界まで筋肉量を増やしたマダイの育種」
    家戸 敬太郎 氏(近畿大学水産研究所 教授)

2018年4月27日開催
未来へのバイオ技術 勉強会「感動、デザイン、センシング。」

  • 「"感動"をデザインするものづくり -ものづくり心理学の可能性-」
    神宮 英夫 氏(金沢工業大学 副学長(研究支援担当)/情報フロンティア学部 心理情報学科 教授/感動デザイン工学研究所 所長)
  • 「触れるデザイン~触動作センサの応用展開」
    川副 智行 氏((株)資生堂 インキュベーションセンター コスメトロニクス開発グループ)

2018年3月15日開催
ヘルスケア研究会講演会および分科会2会合(第4回)

  • 「ナノバイオデバイスとAIが拓くSociety 5.0:超スマート社会」
    馬場 嘉信 氏(名古屋大学大学院工学研究科 教授)

2018年3月5日開催
バイオエンジニアリング研究会シングルユース小委員会講演会「シングルユース機器、最適プロセスの選択」

  • 「Advantage & disadvantage of single-use technology」
    Evan Shave 氏(Associate Director, Global Tech Transfer,  Process Engineering and Validation, Patheon)
  • 「シングルユース培養槽:どれも同じですか?-選定の基準は?-」
    菅谷 和夫 氏((株)IHIプラントエンジニアリング 顧問)

2018年2月23日開催
先端技術情報部会 講演会(第2回)

  • 「先端技術情報部会事業報告」
    穴澤 秀治((一財)バイオインダストリー協会(JBA) 先端技術・開発部長)
  • 「動きの急な政府バイオ戦略策定について」
    坂元 雄二((一財)バイオインダストリー協会(JBA) 企画部 部長)

2018年2月22日開催
機能性食品研究会講演会・第4回研究会「身体ロコモーションと時間栄養学」

  • 「身体ロコモーション向上に資する食品素材」
    岡田 晋治 氏(東京大学大学院農学生命科学研究科 特任准教授)

2018年1月24日開催
カルタヘナ法説明会「カルタヘナ法の概要と研究開発・産業利用の留意点及び運用改善の周知」【東京会場】

  • 「ABS指針第5章に係る書類発給業務について」
    坂本 俊一 氏((独)製品評価技術基盤機構(NITE) バイオテクノロジーセンター 国際事業推進課 主査)
  • 「カルタヘナ法に基づく研究開発段階における第二種使用等について」
    太田桐 佳世子 氏(文部科学省 研究振興局 ライフサイエンス課 生命倫理・安全対策室 事務官)
  • 「医薬品分野での第二種使用等に関する法規制について」
    黒岩 健二 氏(厚生労働省 医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課 再生医療等製品基準係長)
  • 「カルタヘナ法第二種産業使用(鉱工業等)の概要について」
    末廣 祥平 氏(経済産業省 商務情報政策局 商務・サービスグループ 生物化学産業課 生物多様性・生物兵器対策室 審査係)
  • 「第二種使用等(鉱工業等)の申請書の記載方法について」
    資延 淳二 氏((独)製品評価技術基盤機構(NITE) バイオテクノロジーセンター 国際事業推進課 安全審査室 主査)

2018年1月22日開催
未来へのバイオ技術 勉強会「ココロの動きと神経系に着目した新商品開発」

  • 「難吸収性ポリフェノールの神経系に対する作用の解明と機能性食品開発」
    越阪部 奈緒美 氏(芝浦工業大学 システム理工学部 教授)
  • 「ココロの動きを捉えて感性を価値に変える~主観的気分測定ツール「KOKOROスケール」を用いた心理評価とその応用」
    片岡 洋祐 氏((株)Kokorotics 代表取締役社長、(国研)理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター チームリーダー)

2018年1月19日開催
「スマートセルインダストリーとバイオエンジニアリング ~バイオ医薬品・バイオ素材生産株の構築から製造プロセスまで~ 」

  • 【基調講演】「スマートセルインダストリー総論 ~技術開発・産業の動向~」
    近藤 昭彦 氏(神戸大学大学院 教授)
  • 「ゲノム編集技術とカルタヘナ規制の動向」
    藤田 信之 氏(東京農業大学 教授)
  • 「高機能品生産植物の開発をはじめとしたバイオ医薬品への取り組み」
    川島 哲文 氏((株)竹中工務店)
ページトップへ戻る