一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

JBAの活動

新資源生物変換研究会

新資源生物変換研究会は、1988年に石油発酵研究会とC1微生物日本国内委員会が合併、発足しました。以降、炭化水素、C1化合物、化学工業製品、バイオマス等、各種の新しい資源の生物変換および環境調和・改善技術に関する基礎・応用・開発研究を促進してきました。微生物を中心とした生物による物質変換・ものづくり等に関連する分野を広く対象とし、学界、産業界、公的研究機関の専門家が幹事・名誉会員となっています。

会長 石井 正治

会長 石井 正治
(東京大学大学院)

会長・副会長


会長

石井 正治 氏(東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専攻 教授)

副会長


阪井 康能 氏(京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻 教授)
安枝 寿 氏(味の素(株) バイオ・ファイン研究所 上席研究員)

目的

炭化水素、C1化合物、化学工業製品、バイオマスなど各種の新しい 資源の生物変換及び環境調和・改善技術に関する基礎及び応用研究の促進

活動内容


講演会の企画

日本生物工学会、日本農芸化学会で開催するシンポジウムを企画し、学会と共催でシンポジウムを開催しています。

BioJapanセミナーの企画

環境・エネルギー、ものづくり分野に関するシンポジウム、展示等の企画に協力しています。

活動内容

本年度も第71回日本生物工学会大会内、日本農芸化学会2020年度 大会内で研究会が企画したシンポジウムを実施する予定です。

研究会メンバー


メンバー構成

学界 16名 / 産業界 11名 / 公的研究機関等 3名  計30名

前年度活動

  • 2018年9月7日(金)第70回日本生物工学会大会内 関西大学 千里山キャンパス
    平成30年度新資源生物変換研究会シンポジウム(第70回日本生物工学会大会シンポジウム)
    「スマートセル開発のためのバイオ技術とデジタル技術の革新と融合 バイオ生産に資する DBTLサイクルの構築に向けて」
     主催: 日本生物工学会 | 共催: JBA新資源生物変換研究会、発酵と代謝研究会、アルコール・バイオマス研究会、グリーンバイオ イノベーション フォーラム(GIF) | 後援: NEDO 新エネルギー・産業技術総合開発機構
     ※JBA機関誌  B&I Vo.77 No.2 (2019) の記事をご参照ください
  • 2019年3月27日(水)日本農芸化学会2019年度 大会内 東京農業大学 世田谷キャンパス
    平成30年度新資源生物変換研究会シンポジウム(日本農芸化学会2019年度 大会)
    「『農芸化学』でバイオエコノミーを支え、拓く」
     主催:JBA 新資源生物変換研究会 | 共催:日本農芸化学会、JBA グリーンバイオ イノベーション フォーラム(GIF)、発酵と代謝研究会、アルコール・バイオマス研究会
     ※JBA機関誌  B&I Vo.77 No.4 (2019) の記事をご参照ください

入会方法・お問い合わせ

本研究会の運営・企画等への積極的な参画にご興味があるJBA法人会員・個人会員(ただしアカデミア所属の方のみ)の方がいらっしゃいましたら、事務局まで下記メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

(一財)バイオインダストリー協会
新資源生物変換研究会事務局 青木・本山・村瀬
TEL:03-5541-2731  E-mail:greenbio(at)jba.or.jp ((at)は@に置き換えて下さい)

ページトップへ戻る